地殻変動が起きているメディア環境を観察し、そこで流通するコンテンツを批評
2012/05«│ 2012/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2012/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
23:58:10
昨日に引き続きの今年上半期に見た映画のレビュー、今夜はアジア映画と日本映画。

(アジア映画)
1月18日
これも観たかった台湾の青春群像劇『モンガに散る』、なかなか深みがあって良い。学生時代、侯孝賢作品に感銘を受けた身としては最近の台湾映画の復調はうれしい。薄幸なヒロイン役の女優、気になる。
2月11日
ヴェトナム映画『コウノトリの歌』。ヴェトナム戦争を描いたアメリカ映画は多いし、佳作も多いが、どうしてもアメリカの視点で作られている。そういった作品では悪や敵として描かれがちな北ヴェトナムの視点からあの戦争を描いているだけで、この映画は十分過ぎる存在価値がある。しかも感動作。
2月16日
台湾史上2位の興行収入という『海角七号/君想う、国境の南』。台湾映画、復活してるなあ。微妙にイナタイんだけど、なんともいえない暖かさとか優しさとか非常に台湾っぽい。風光明媚なロケ地、行ってみたくなった。
2月17日
韓国映画『ほえる犬は噛まない』。もう11年前の映画なんだ…。ベタな恋愛ものは苦手だけど、こういう日常を描いたようなドラマはいいな。ポン・ジュノはうまい。イ・チャンドンと並ぶ韓国の鬼才。
5月15日
久しぶりに『男たちの挽歌』、ジョン・ウーの熱い香港ノワール。1980年代後半、本当に香港映画は活気があった。チョウ・ユンファもカッコいい。真の亜州明星はこの人とテレサ・テンだけ。
5月16日
昨日に引き続き『男たちの挽歌Ⅱ』を引っぱり出して見た。スピンオフだからⅠには敵わないが、やっぱりいい。深作欣二あたりのヤクザ映画の影響を受けてるらしいが、アル・パチーノが出てるようなアメリカ映画にもこんな感じの作品は多いし、任侠モノって普遍性があるテーマなのかも。
5月17日
3夜連続の『男たちの挽歌』、しつこく見てきたのは今日BDで「最終章」を見るため。といってもスピンオフではなく、スタッフやチョウ・ユンファはそのままで別話。この適当さが香港的だが、この作品は葉倩文、サリー・イップが素晴らしい。90年代前半に香港歌謡にハマってた頃思い出す。
6月21日
巨匠イ・チャンホの『暗闇の子供たち』、暗・重・哀という80年代韓国映画の基本3原則に忠実な大傑作。主演のナ・ヨンヒは身をやつし転落する薄幸な女性を演じたら世界一。最近の韓国映画が社会の本質を描ききれてないと思えるのは、表現の自由を得て感性が鈍ったのか、過度の商業主義ゆえか…

(日本映画)
1月6日
先日亡くなった森田芳光監督の『家族ゲーム』。高校の時にリアルタイムで見ただけあって懐かしい空気満載だが、松田優作の演技も最高で、今見てもとんでもなく面白い。邦画低迷が加速したとされる80年代だが、きちんとした映画人が素晴らしい作品を作っていたのだ。
1月16日
湊かなえ原作の映画化『告白』。ひたすら暗く、重苦しい。製作委員会にテレビ局が入っていないことも納得…これはOAできないでしょ。でも、それにもかかわらず、結構ヒットしたってことは作品が評価されたってことか。
3月7日
『ソラニン』、大好きなマンガの実写映画化だけに見る前は期待と不安が混じったが、すごく良かった。浅野いにおのホワっとした空気とか微熱感みたいのがうまく醸し出されてて、うれしかった。宮崎あおいはやっぱスゴイ。しかも大学の後輩の女性が製作に関わってることも発見。
3月30日
山田洋次監督『家族』。日本にこんな素晴らしいロードムービーがあったなんて知らなかった。僕が生まれた頃の日本、今よりも都会と田舎の距離は遠く、でも家族間の距離は近かったことがよくわかった。重厚長大の時代、国鉄は多くの人の希望と不安を北から南から運んでいたんだろう。
4月12日
大島渚監督、1969年のATG映画『少年』。ずっと見たかったがようやくDVDで購入。子供に当たり屋をさせながら日本全国を旅する家族という設定に惹かれたが、実話をモデルにしているとは…。社会派・大島渚の先鋭的作品、あたかも1篇のドキュメンタリーフィルムを見ているようだった。
4月27日
小栗康平監督『泥の河』、原作は宮本輝。昭和30年代、急速な社会の変化から取り残された人々の実に切ない話。近年『Always三丁目の夕日』などに見られる「貧しくも明るく幸福だったあの頃」的な昭和30年代回顧に嘘っぽさと違和感を覚えていたのだが、この映画の世界にはリアリズムを感じた。
スポンサーサイト

プロフィール

大場吾郎

Author:大場吾郎
大学教員であり、メディア研究者。専門は映像メディア産業論やコンテンツビジネス。元々は某キー局勤務。
Twitter:@obagoro

obagoro's books
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。