地殻変動が起きているメディア環境を観察し、そこで流通するコンテンツを批評
2012/09«│ 2012/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2012/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
21:20:44
 先日、大阪で「テレビの未来と可能性 関西からの発言」と題したシンポジウムがあった。パネリストはそれぞれの立場からテレビ論を展開していたが、個人的にはローカル放送やローカル番組の現状や将来を考えてみたいと思っていたので、関西や大阪のメディアという視点で話す人たちの話が特に興味深かった。
 読売テレビの脇浜紀子アナウンサーは地域放送に関して話していた。よく知られるように、日本の民間地上放送局は基本的に各都道府県単位で免許が交付されている。ただし例外があって、東京、大阪、名古屋の局はそれぞれ首都圏1都6県、関西圏2府4県、中京圏3県というふうに複数の都府県にまたがる広い地域を対象に放送していている。比較するなら、東北地方は6県それぞれに3~4局の民放局があるのに、関西地方は大阪の民放局が地方全体をカバーしているのである。
 なぜこれらの地域にだけ3県以上にもまたがる広域放送局が成立しているのか、僕は以前から疑問に思っていて、多くの人に尋ねてきたが、いまだに明確な理由はわからない。これらの地域は平野なので広範に電波が届くからとか(関東・中京はともかく、関西は山だらけだが…)、これらの地域はそれぞれ1つの大きな生活文化圏や経済圏を形成しているからとか(神奈川と北関東が同じ圏か?)、東名阪の古参局は1957年に全国でテレビ局が大量認可され、放送エリアの県域制が施行されるよりも前に、既に広域を対象に放送を開始していたからとか(放送エリアは早い者勝ちか…)、どれもイマイチ説得力に欠けるようである。もしもご存知の方がいたらご教示願いたい。
 話がそれたが、このようなテレビ局分布の偏りが生む視聴者あたりの地域情報の格差を脇浜さんは指摘していた。例えば、大阪のテレビ局は約2000万人(2府4県の合計)が視聴可能で、熊本県のテレビ局は182万人が視聴可能である。一方、民放の数は前者が5局に対し、後者は4局である。つまり関西では視聴者400万人に民放1局に対して、熊本県では50万人弱に民放1局存在することになる。
 問題は、大阪のテレビ局が関西全域をカバーすると言っても、そこで作られる番組が取り上げる情報や話題は大阪市・大阪府のものが圧倒的に多く、それに比べて関西他府県の話が少ない点だ(これは僕が京都に住んでいて、日頃、大阪のテレビ局を見ていても感じる点である)。しかも、ニュース番組内のローカルニュース枠の時間は、大阪の読売テレビが3分10秒であるのに対し、熊本の熊本県民テレビは4分35秒である。つまり、大阪の局は少ない時間で、より広範かつ多量の視聴者に情報を届けなければならず、視聴者にとっては、自分の生活にかかわる地域情報に接する可能性は必然的に低くなる。
 実は関西地方には、ここまで述べた大阪を拠点とする広域局とは別に、兵庫県のサンテレビ、京都府のKBSなど、それぞれの府県に民放(独立UHF局)が1局ずつ存在している。しかし、人口が262万人の京都府であってもKBSの1局のみであり(しつこいようだが、人口182万人の熊本県には4局ある)、そこで放送される番組も通販番組と再放送ドラマがとにかく多い。今年4月に祇園で暴走事故が起きた時、通販番組を放送していたのには本当に愕然とした。現実的には、圧倒的多くの視聴者が大阪局の広域放送を見ているのである。
 広域放送は、放送局にとってはより大きな放送市場を確保できるわけで、広告収入が基本的には潜在視聴者数に比例する以上、ビジネス的観点から見れば望ましいことである。しかし、視聴者の立場からすると「自分たちの住む地域をカバーしている放送局」ではあるものの、「自分たちの街の放送局」とは捉えにくい。こういった事態は関西に限らず、首都圏や中京圏も同じはずだ。この点は、テレビ放送におけるローカリズム原則に明らかに反すると思うのだが、民放地上波放送局の再編が話題となる今日では、このことに今さら異を唱える声はあまり聞かれないし、改善は難しそうだ。
 朝日放送の松本修プロデューサーと関西大学の黒田勇教授は、大阪のテレビ局制作の番組に関して話していた。ちなみに松本さんは『探偵!ナイトスクープ』を立ち上げた、業界では有名な人である(『ナイトスクープ』に関しては、過去のエントリー「金曜夜のユルいテレビ番組」で書いている)。
 先ほどから書いているような大阪のテレビ局は、東京のテレビ局と並び、日本を代表するテレビ局である。それぞれ伝統があり、市場規模が大きく、北海道から九州・沖縄までの放送局をつなぐ系列グループの中では、東京の局が「キー局」と称されるのに対して「準キー局」と位置付けられ、中心的な役割を果たしてきた。
 かつては大阪のテレビ局が地元で収録した番組が全国で放送され、大人気になることはそれほど珍しいことではなかった。僕が20年ほど前に日本テレビに入社した頃も同系列の読売テレビの存在感は大きく、ゴールデンタイムでいくつか放送枠を持っていたし、名物深夜番組『11PM』やその後番組の『EXテレビ』では火曜と木曜が読売テレビ制作だった。そこでは、明らかに東京制作の番組とは違う、独特な企画・演出を目にすることができた。確かに日本には2大テレビ文化が存在していたのである。
 もちろん今でも大阪の局は、キー局を除いたその他の局に比べて規模や体力は大きい。地方局の多くが放送時間の多くを同系列のキー局制作番組に充て、「東京制作の番組を流しているだけ」などと時に批判されるのに対し、自社制作番組の割合は相対的に高く、独自の編成を保っているとも考えられる。しかし、実際に関西にいて、それらの局の放送を見ていると、かつてのような「キー局へのカウンターバランス」というよりは「規模の大きいローカル局」といった感じがしてしまうのである。日本社会で政治・経済・情報・文化の東京への一極集中が加速する中で、テレビ業界も東京のキー局への集中が進んだ。
 現在のテレビはバラエティ番組全盛であるが、1980年の漫才ブーム以降、大阪のお笑い番組の空気や様式が、東京の(つまり全国ネットの)バラエティ番組に影響を与えてきたことは確かだろう。そういったジャンルでは大阪の局の方が何歩も先を行っていたのだから。しかし今や、全国ネットのバラエティ番組はある種の定形が確立しつつあり、大阪の番組的世界は、その1つの要素に過ぎないように見受けられる。また、バラエティ番組の中心を担うお笑い芸人にしても、大阪は依然として多くの人材を輩出しているが、彼らの多くにとってデビュー後に大阪のテレビに出演することは将来的に東京制作の全国ネット番組に進出するための足掛かりに過ぎないようだ。松本さんが言っていた「大阪でお笑い番組を作るのは、(東京という1軍に対する)2軍の世界」という指摘は厳しくも適切なように思える。彼は朝日放送に入社した時、「お笑い番組の本場で仕事ができる」と思ったそうだが、現在そういった志を抱いて大阪の局に就職する若い人がどれくらいいるのだろうか。
 大阪のテレビ局の地盤沈下は以下の点にもみられる。今日、世間一般の大阪イメージは非常にステレオタイプ化されている。その典型的なものとして黒田教授は「お笑い、阪神、たこ焼き」とを挙げていたが、他にも「アホ」、「コテコテ」、「下品」などもあるかもしれない。それらはメディア、特にテレビによって生産・増幅されてきたわけだが、テレビと言っても東京のテレビである。つまり、それらは東京の視点に立った大阪イメージであり、それが過去20年ほどの間に全国に広がったのである。
 なかなか面白いのは、黒田教授が指摘したように、大阪のテレビ局、そして大阪の芸人がそれを内面化している点である。普通であれば、他者が勝手に思い描き、広めようとする自身のイメージなど反感の対象になるものである。ところが、大阪の芸人たちはネタにせよ、それを受け入れ、そのような役割を演じる。まあ、それは人気商売だからわからなくもない。しかし大阪のテレビ局も、そのようなイメージを自ら強調することで、東京の局、そして恐らくその先にいる全国の視聴者の期待通りのコンテンツを作ることに一生懸命になってしまっているのである。つまり、他者に押し付けられたイメージを飯のタネにしているという話であるが、情報メディアとしてはちょっと情けない。
 やはり大阪のテレビ局には頑張ってほしいと思う。マンネリ感に陥っている日本のテレビ状況は、取りも直さずキー局から新しいコンテンツが出てこないことに起因する。この閉塞感を打ち破るのは、現在の大阪の局には果たして荷が重いのだろうか。現在のテレビ番組がつまらないのは、依然と比べて低コストのものばかりが流れているからとよく言われるが、大阪の局の人は昔から言っていた。「カネかけて面白いのは当たり前。カネかけんと面白いものを作るのがプロ」と。この精神を今こそ発揮してほしいのである。
スポンサーサイト

プロフィール

Author:大場吾郎
大学教員であり、メディア研究者。専門は映像メディア産業論やコンテンツビジネス。元々は某キー局勤務。
Twitter:@obagoro

obagoro's books
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。